佐田彦

現在の皇室の祖である天孫を導いたとされる

「猿田彦大神」の伝説をベースにした、ファンタジーです。



まだ日本が神々の時代だった頃のお話で、第1巻であるこの本は、

佐田彦(さたひこ・猿田彦の別名)と

その巫覡である佐瑠女(さるめ)の出逢いのパートです。



「佐瑠女」は称号名であり、本人は女装の男子です。

残念ながらまるで女っぽくありません。



佐田彦は背の高い寡黙な男性神で、まるで何を考えているのかわからない、

そんな感じです。



以下もりもりと続きを書いていく予定ですので、

よかったら見ていただけると嬉しいです!
購入数
Soldout
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
イベント翌日の受注、発送は難しいのでご了承下さい。
また、毎月不定期に突然休みがあります。
原稿制作期間に入りますと、お返事その他が遅れることがあります。
どうぞご了承ください。